尾形歯科
(一般・小児・矯正歯科)

徳島市南二軒屋町2-3-25
TEL 088-655-8148
診療時間 午前9:00〜13:00
  午後14:30〜19:00
→尾形歯科へのアクセスマップ





 
夜半に少し降っていたので朝はたくさん積もっているだろうと思っていたらおもったほどではなっかた。
ところが午後になって吹雪いて来出した、スタッフが階段が凍って滑ります、駐車場が凍って滑ります何か滑り止めはありませんか?突然言われてもそのようなものは無いし困ったなと思い駐車場を見に行くと車からはつららがぶらさがり
地面は雪がシャーベットのようになっているしどうしようかなとと考えたあげく西側に防火シャッターがあるのに気が付きこれを使うことにしました、けれども13年間使ったことが無かったので支柱を立てるのに一苦労、寒い中スタッフが
悪戦苦闘し8枚中6枚閉めることができました。階段はフエンスを置きエレベーターを利用していただくことで解決しました。
皆様くれぐれも滑らないようお気をつけください。


 
 
2005年2月1日(火)

 
今日のミーチング
最近いろいろ騒がれている「おれおれ詐欺」
スタッフのところへも電話があったそうです。
病院へ勤めているお姉さんがした注射で患者さんが亡くなった、ついては・・・・
お母さんが病院へ電話をして間違いであることを確認して
事なきを得たそうです。
もう一人のスタッフの弟さんに携帯電話のサイト登録料3万円を支払うようにと連絡があり銀行へ行ったそうです、
たまたま指定された口座が閉鎖されていてこれも事無かった
そうです。
皆気をつけてひっかからないようにしようということになって予定を変更したしだいです。


 
 
2005年1月31日(月)

 
昨日の新聞
日本一短い往復書簡のコンテスト「新一筆啓上賞」
福井県丸岡町が発表したそうです。今年のテーマは『家族』
三重県松阪市の刀根雅美さんのさくひんは愛犬「ハナ」への手紙です。
雨がこう多いと億劫なもんでねえ。散歩にもつれていけなくて。とわびたところ
ハナからは
ごっついストレスたまるわ。おまえも鎖でつながれてみいや
とのきつい返事があったとかなかったとか。
我が家の「リキ」も同じきもちかな?許せよ




 
 
2005年1月28日(金)

 
喫煙したら自主退学
昨日の続きです
喫煙者には個人面接し、禁煙を促すためのニコチンパッチを支給。処方に必要な医師の診断も学内で行っている。
04年度の調査では喫煙者は195人から98人に半減したそうです。
喫煙を見かけたら注意するなど、吸わない学生ばかりになるはずの二年後をめざしているそうです。


 
 
2005年1月26日(水)

 
喫煙したら自主退学
1月19日の徳島新聞によると
名古屋女子大・短大は敷地から通学路までを全面禁煙とし、
新入生に『禁煙誓約書』を書いてもらい徹底した禁煙教育を行った結果喫煙者が半減したそうです。
喫煙が妊娠へ悪影響を及ぼすことがはっきりしているいじょう「煙の無いキャンパスを」と2003年に全面禁煙にふみきったそうです。これまで違反による退学者は一人もいないそうです。


 
 
2005年1月25日(火)

 
あたりまえのこと
我が家の愛犬名前は(リキ)
年末から便が出なくなり動物病院のお世話になり
手術をしたり便をほじくりだしてもらったり、下剤を飲ませたり、餌を替えたり、牛乳を飲ませたり、また便をほじくりだしたり3日に一度くらい詰まったりしながらたどりついたのが副交感神経を刺激するお薬
これでやっと便が出ました。家族全員大喜び、便を見て
こんなにうれしかったのは初めてです。普段は当たり前の様に思っていたのですが。。。
これからもずっと便が出ますように。


 
 
2005年1月24日(月)

 
唾液
唾液は歯や口の中を守るだけでなく全身の健康にもかかわっています。
唾液の分泌量は個人差があります。また加齢やストレス糖尿病などによっても分泌量が減少します。
唾液を沢山分泌させる方法は、時間をかけて、良くかんで食べることが一番です。よく噛むことは、肥満防止、脳の発達、集中力の強化などの効果もえられます。
柔らかい食べ物ばかりでは噛む回数が減ってしまいますから、硬い食べ物や食物繊維を多く含む食材を取り入れて、メニュウを工夫してみてください。


 
 
2005年1月21日(金)

 
唾液
消化を助ける働き
唾液に含まれるアミラーゼにより澱粉が消化されます。
また、食べ物が唾液とよく混ざることで胃や腸での消化吸収も助けてくれます。そして唾液がほどよいコーチング材となって胃への刺激が減り負担がかんわされます。
がん予防
唾液には発がん物質の作用を抑える働きがあります


 
 
2005年1月18日(火)

 
唾液
食事をおいしくします。
ごはんを良く噛んで食べると甘くなりますが、これは
唾液にふくまれているアミラーゼが澱粉を糖に分解するからです。
唾液は味覚をつかさどる舌の味蕾細胞の働きを助けます。
食べ物を味わうために唾液は必要不可欠なのです。


 
 
2005年1月17日(月)

 
唾液
口の中(粘膜)をまもります。
口の中をうるおし、硬いものや刺激が強い食べ物で粘膜が
傷つかないように保護しています。
義歯(いれば)がしっかり密着するためにもだえきが不可欠です。そして痛みがない快適な使用も粘膜が唾液によって保護されているからです。


 
 
2005年1月15日(土)

Page: [1][2][3][4][5][6]